読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男性更年期と診断され。

近所のかかりつけクリニックに風邪で受診したことがありました。これまでの経緯をお話すると、「若い方でも更年期の方が増えている」とのことで、男性ホルモン値(テストステロン)検査を実施。結果は80歳代。若年性男性更年期との診断。 そうか、だるさの原…

模索は続く

クリニックの医師より「抗核抗体x1280倍」と、数値が高い事を告げられました。そして「膠原病」の疑い。しかし、疑いであって断定ではない?とのことだった。抗体が高いからといって、病名が付く訳では無いとの説明でした。後にリウマチ科のある(当時は膠…

コウカクコウタイ(抗核抗体)って何だ?

その後も個人クリニックを転々としました。いくら症状を訴えても、血液検査では異常無し。こういう場合、総合病院等の大きな病院にかかるのが常ですが、当時は紹介状が無いと受診ができないものと思い込んでいた節があったと思います。そんな中で唯一、「違…

模索の始まりは15年前。

「これってやっぱり何かの病気かな。。。」だるさとも疲労感とも判らぬ得体の知れないこの状態を脱すべく、ドクターショッピングを始めました。 2-3件、受診をしました、血液検査の結果は異常無し。「自律神経失調症かも知れません」「ストレスでしょうね…

シェーグレン症候群のだるさの考察

ドライアイ、ドライマウスで知られているシェーグレンですが、この疾患の9割はだるさを訴えているんだとか。私も乾燥症状は気にはなりますが、倦怠感、だるさ、疲れやすさの方が圧倒的にシンドイ。体格や顔色は健常者と変わりませんから、訴えても周りの人…

ところで、シェーグレン症候群(膠原病)とは?

最近テレビや雑誌でも取り上げられるようになり、ようやく認知されてきたという感じです。1930年代にスウェーデンの眼科医、ヘンリック・シェーグレンが発表した論文にちなんで付けられた名称です。乾燥性角結膜炎の論文だったと思います。 自己免疫疾患とも…

シェーグレン症候群(指定難病53)膠原病と診断されるまで①

30年ほど前から原因不明の倦怠感、リンパの腫れなどで悩んできました。どんな感じかと聞かれれば、「とにかくだるい」この一言に尽きます。このだるさ、倦怠感は、肉体労働を目一杯した時のものとは比べ物になりません。近い喩えがあるとすれば、高熱を出し…